通信費が下がる!スマホ選び1.0からスマホ選び2.0へ

■スマホ選び1.0からスマホ選び2.0へ

スマホの新規購入や買い替えの時に考えることは、まずは”どこの会社にするか?”そして”どの機種にするか?”ということに悩む人は多いと思います。

私も2、3年毎にスマホを変えていますが、買い替えの度にスマホ本体の機能もサービスも前回の買い替え時と全くと言っていいほど変わっているなぁと感じます。

私は、5年前くらいのスマホ選びの考え方を”スマホ選び1.0”と言っているのですが、その内容はこんな感じです。

今のように、格安プロバイダーが登場するまでは、スマホを選ぶと言えば、まずはNTTドコモかauかsoftbankのショップに行くという方がほとんどではなかったでしょうか。

お店に行って、”私はiphoneの新機種を買う”というように最初から決めている場合は、その機種を買って終了ですが、特に決まっていない人は、デザインや価格、機能で折り合いの付くスマホの候補を決めてしばらく考えた末、購入する、あるいは、メーカーにこだわりがある人であれば、まず自分の好きなメーカーの機種の中からデザインや価格、機能で折り合いをつけて決めるといった感じになる方が多いと思います。

それが今では、スマホ選び2.0と私が呼んでいる流れに変わってきました。

”通話で使う会社の選択”では、サービスとしては数百社存在しますが、会員数3万人以上の規模の定評のある会社から選択としたほうが現実的と考えたため数十社としました。

■スマホ代は、1台月2千円からの時代へ

何が変わったかというと、5年くらい前まではスマホの契約と言えば、ほとんどの方はNTTドコモ、au、softbankといったMNO(Mobile Network Operator:通信事業者)のいずれかに行って契約し、スマホ代(通話料金+データ通信費)は、だいたい1台に付き最低1ヶ月7千円前後はかかっていたと思います。

しかし現在では、MVNO( Mobile Virtual Network Operator:仮想移動体通信事業者)と呼ばれる格安で通話やインターネットができるサービスを提供する会社が登場したことにより、契約をMVNOに切り替えることによって、通信費をだいたい半分以下にまで下げることができるようになった点です。

今まで他社のサービスを利用していた方でも、電話番号は、今まで使っていたものと同じ番号が使用できます。

MVNOでは、通話とインターネットがセットのサービスがあるところが殆どなので、通話で使う会社もデータで使う会社も同じ会社で契約できます。

しかし、個人的にはMVOと契約している方は、可能であれば電話はそのままでデータ通信の部分のみをMVNOに乗り換えるスタイルが良いと思います。そのためには、DSDSタイプのスマホが必須になりますが・・・。

その理由は、MVOからMVNOへのMNP(携帯電話番号ポータボビリティ)転出は、問題なくできると思うのですが、将来MVNOからMVOに戻りたいという場合やMVNOから他のMVNOに乗り換えたいという時にMNP転出がスムーズに進まない場合や、最悪できないというケースも少数ですが見受けられるからです。

■MVNOの弱点

通信費が劇的に下がるMVNOですが、以下のような弱点もあります。

  • 会社により通信速度が異なる。

通信速度については、同じ会社の同じサービスであってもサービスの提供地域や時間帯により時々刻々変化をするもので、MVNO、MNO問わず定速の通信速度を保証するサービスはありません。よく、実際の通信速度比較を公開しているサイトを見かけますが、あくまでも実測した地域での結果であって、他地域でも同じ傾向を示す保証はありません。そのようなことから、通信速度を検討する場合は、自分の利用場所で一番ベストな通信会社を探すことが実用的だと思います。

  • 災害時に繋がりにくく、回線に破損があった場合、復旧が遅い。

MVNOは、MNOに実際のケーブル回線を借用して運営しているため、有事の場合は、MNOの回線使用が優先になるので遅くなる傾向が見られます。

  • MVNOで電話契約をしていると、万が一契約しているMVNOが倒産した場合、使用していた電話番号は、原則引き継げない。

MNOが倒産したMVNOを買収した場合などは、特別ケースとして引き継げる場合があります。

■美味しいとこ取りのスマホの選び方

めったに起きないとはいえ、災害時の通信品質の確保や契約しているMVNOの倒産リスクを避けるといったことは、できれば考えておきたいものだと思います。

私もスマホのメイン番号は、MVNOを使用していません。

それではどの様にしているかと言うと、通話はNTTドコモと契約していた分を残して継続契約し、データ通信は、一番お金を食っていたXi(クノッシー)のパケ放題を止めて、IIJmioと契約しています。

はい。1つのスマホでSIM2枚使いです。

私がIIJmioを選んだ一番の理由

IIJmioを選んだ理由は、安い通信品質が安定している最新スマホ本体が安くで揃っているネットに技術を公開している記事が多いというところからです。

IIJmioに変えて特に問題が起ったことはなく、一番安いバリュープラン3ギガタイプで快適に使ってますが、他社でも同じように使えるものがあったかもしれません。

実は、このように快適なサービスを提供していただいているIIJmioを選んだ一番大きな理由には、他社にはないと感じたところがあったからです。それは↓。

IIJmioは、四半期に一度IIJミーティングと言うIIJmioの開発、運用・サポートを行っている人から気さくにスマホやMVNOのことについて聞く機会があったり、専門的な講演もいろいろ活発に行われています。

このようなイベントを通してこの会社は、ユーザーとの距離感が近いように感じます。

ユーザーからの”少しこうならないか?”、”ここがもう少し改善されればもっと助かるのですが?”と言ったような声をIIJミーティングなどを通して直接伝えることができるというような肌の温かさが感じられる運営体質が、IIJmioを選び、今も使い続けている魅力だと思います。

よりBESTな選択を実現!DSDSで使う

私が今使用しているスマホは、ASUS製のZENPHON3という機種でDSDS(デュアルSIM・デュアルスタンバイ)と呼ばれているSIMカードを2枚実装できるタイプです。

DSDSとは、1台のスマホに異なるSIMを2枚入れることができる方式で、それぞれ好きな会社と契約して私の場合はSIM1は、NTTdocomoの通話のみの契約にしてSIM2は、IIJmioでデータ専用にするといった具合で使っています。

スマホ料金が1/3に

これで私のスマホ代は劇的に下がったのですが、一点だけ残念だったことがあります。

それは、NTTドコモのメールアドレスを捨てなければならなかったことです。

NTTドコモのスマホメールは、データ回線のXiを使用しているため、データ回線契約を止めることはNTTドコモのメールアドレスを捨てることになります。

携帯時代から長い間、NTTドコモを利用してきたのでだいぶ思案しましたが、これも時代の流れと割り切って、メールのバックアップを取った後、今は、gmailを使っています。

■まとめ

通話のメイン番号はそのまま有事の時でも安心のMVOで使用しつつ、データ通信は、MVNOをうまく使って通信料を下げる考え方は、これからは必須だと思います。

そのためには、MVNOのサービス内容や範囲、リスクをしっかり自分自身で理解しておくことが必要で、有事の時の通信など譲れないところは、MVOと契約する等が無駄のない文字通りの”スマートホン”になると思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする